新着情報

 
2018年4月1日
2018年卒業生喜びの声を掲載
2018年2月19日
予備校生科の募集を開始しました。
2018年2月19日
新年度生(小・中・高・社会人)の募集を開始しました。
2017年11月1日
冬期直前講習会受講生の募集を開始しました。
2017年9月1日
高校英語少人数集団クラスを開講しました。
2017年7月1日
夏期講習受講生(小・中・高・社会人)の募集を開始しました。

2018年大学入試 卒業生 喜びの声


大阪大学 医学部 保健学科 放射線技術科学専攻 合格
同志社大学 理工学部 情報システムデザイン学科 合格 呉三津田高校 K.Tくん  

 私は林先生の数学ⅠA・ⅡBと数学Ⅲクラスと、三浦先生の英語集団クラスを受講しました。また、代ゼミサテラインは望月先生のセンター古文と為近先生の物理問題演習の授業を受講しました。

 林先生と三浦先生の集団授業では、今まで知らなかった色々とためになる知識を教わりました。それ以上に授業以外でのフォローが凄く役に立ったと思います。特に数学の厳選された60問の添削指導や、英語の自由英作文・和文英訳の添削は、最後の最後まで学力を伸ばしてくれました。添削指導は強制ではなく自分のペースで提出する事ができ、隅々まで赤ペンで細かい部分を直してもらいアドバイスを下さいました。

 また、代ゼミサテラインの映像授業は、とても楽しく受講しながら自然に学力が身に付き、センター試験・2次試験でしっかりと結果を残す事ができました。映像授業なので、自分のペースで何度でも繰り返し受講できる点がありがたかったです。
ウルトラセンターは決して大きな塾ではありませんが、少人数で一人ひとりにしっかり声を掛けてくれます。私はウルトラセンターに入塾して本当に良かったと思います。

名古屋大学 理学部 合格
明治大学 農学部 生命科学科 合格 広大附属高校卒 N.Kさん  

 まず、あなたがもしも「1年の準備期間≒第一志望合格」という甘い考えを持っていたなら、今すぐそれは捨てて欲しい。私が浪人生活を通じて感じたことは、それは正しい方向性の、一見地味な勉強によって実現可能である未来が確かに存在すること、そして、それを支えてくれる環境がウルトラにはすべて揃っていることだ。

 自分が頑張りたいと願ったときにそれに応えてくれて、調子が良い時も悪い時も受け止め支えてくれる先生方がいる。特に秋から顕著になる不安、劣等感、浪人生というステータスの不安定さなど、様々なものが交錯して苦しい1年だったが、先生方にはいつも親身になって傍でサポートして下さったことが今でもしみじみと実感できる。

 また、個別指導の時間には完全に志望校に照準を合わせた対策ができたのも大きいと思う。大手塾では、名古屋大などは難関大コースといった括りにまとめられることも多いので、他の受験生に比べしっかり第一志望校対策に力を注げたのは大きな強みになった。数学については20年分以上の名古屋大過去問を解いて傾向を分析することができた。私の場合は、朝10時に来て夜10時まで自習室にこもり、必要に応じて帰宅後も勉強するという生活を続けていたこともあり、自学する時間もしっかり確保できた。だから授業で理解し、自習時間に反復して定着させるサイクルが確立できたし、終始自分のペースで学習をすすめることができたと思う。

 代ゼミサテラインの映像授業では重要事項の整理だけではなく、重要な入試問題をたくさん扱っている。予習・復習だけではなく、必然性をもって自力で同じ解答を導けるようになるまでテキストを繰り返しやりこむ作業が終わった頃、かなり見える世界が変わったことを覚えている。この環境をどれだけ利用し尽くせるかは自分次第だ。

 苦しくなかったと言えば絶対嘘になるし、現役で大学に行った友人よりも1年出遅れた気もする。しかしこの1年、私はウルトラセンターで浪人して良かったと思っているし後悔もしていない。これから浪人を考えている人には、まずは自分で良く考えて、悔いのない自分に合った選択をして欲しい。

 最後に、これまで支えて下さった先生方や家族、友人たちへ・・・。本当にありがとうございました!!


これまでの合格者による喜びの声はこちらをご覧下さい。